黄緑日記

世間知らずな就活生の 頭の中 と その後

だんだん思い出してきた

全体は自然体で、狙いを定めたところだけ使う、力を入れるっていう方が、上手く動けるということ

 

少なくとも私は、自然体でいるためには、ぽけーっとしてるくらいの方が丁度いい。

焦らないで、背伸びしないで、かがまないで、のほほんとかまえている状態から、

これやる!

これなら役に立てる!

これなら勝てる!

これは他の人より得意そう!

ていうのを拾う。

 

賢い方法かは、正直、自信がないけど、やりたいようにやってみてから随時調整していくということで。

 

過剰に恥に捉われた選択・行動は、自分や周りにとっての不利益を生むことも多く、それは私の望むことではない。

長期的にみたら恥への耐性をつけた方がお得なのでは。

 

恥を恐れてリラックスできないことも多い。リラックスしている状態ならば、冷静な判断や選択肢の検討、選択方法の検討とかが上手くいきそう。

 

 

自分が何者か知りたい。

これは唐突な欲求ではなく。

 

自分を知るには他人と比較する必要があるというのは定説だと思うけれど、

上手に比較するためにはリラックスしている方がよく、

リラックスしているためには恥と上手く付き合っている状態が望ましく、

恥と上手く付き合うためには...?

 

やはりリラックスして、状況を判断できた方がいいし、

なにより、自分の内面を、他人との比較以外の尺度で知っていた方がよいと思う。

 

何がしたいと思っているのか、どうしてそう思うのか、それは本当に脳みそも心も身体も望んでいることなのか。

そこを見定める心がけをした上で、

合理的か?とか、社会的に妥当かどうか?

合理的でなくても突き進むのか?

突き進む or 突き進まないの選択に自分は納得しているのか?

確認するクセをつけたい。

 

冷静に「確認する」というチェック項目を思い出す、もしくは自然と「確認する」の過程を経る、いずれのルートでも、

基礎になるのはリラックスした状態

だ。

 

これ以上、恥とか選択とか納得感とかを深掘りしても、ひとまずはリラックスが最深部の気がする。

(付け加えるなら、身体の弛緩と脳や心の柔軟性はけっこうリンクしているという点。)

 

思いの外

動揺してるんです??

 

っていうことに気がついたら少し冷静になってきた

 

この動揺を受けて気づいたのは

・「みんなが自分の個性を受け入れられていると感じられる世界がいい。その実現に貢献したい。」ていう想いはけっこうガチなんだということ

 

・「まぁ人生○○がイマイチでも△△があるし、いっかー」と思えるのって大切だなということ

 

 

 

往々にしてら自分から欲しいものを手放す・突き放すことがある。本当に欲しくないから手放すのではなく、自分の力が至らず強制的に手放すこととなるのが嫌だから挑戦から逃げているのだ、ということには、ここ一年くらいで気がついたけれど。

すぐに全く逃げなくなるっていうのは、なかなか難しいみたい。

 

悔しいけど、むしろ逃げてしまったあとの対処を確立させる機会かもしれない。

うまくいけば、次からは「いざとなったら逃げてから立ち直ればいいし」っていう心持ちで挑戦できるかもしれない。

 

むかつく。

逃げたってことは本心では望んでなかったんだよ!とか、第六感が危険を察知したから逃げたんだよ!とか、開き直れないあたり、チキンである。

 

いや、でも実際、そういう可能性はあるわけで。大抵、何かを捨てたあとには他のものを拾うけど、捨てたものと拾ったもの、どちらがアタリかは一生謎のままだもんね。

拾った方でベストを尽くせるかどうか?幸せかどうか?が問題なわけで、そこは何を選んだにしても、選んだ時点で幸せの確率とかはリセットされちゃうのだ。

 

驚くべきことに、意図的に能動的に拾うものを選んで、リセットすることもできるらしい。

いっつも、消去法で選んで、選んだ理由とかが説明できて、誰かに(母に?)納得してもらえることが必須だった。

 

そういう経緯で選んだなら、選ぶことにはベストを尽くしたから、仕方ないね。それしか選べなかったもんね。

 

上手くいかなくなった時に、そう言って納得できるように。

いや、そう言ってもらえて納得してもらえて、慰めてもらえるように。

変な予防線張って生きてきた。

( 人を試すのも似たような理屈なんだろう。相手が試験に耐えられなかったから離れるしかない、関係を切るのは妥当だ、って自分に言い訳して正当化したいのでは?うーん、でも試しちゃう気持ちはただただ受け入れて欲しいの方が大きいのかな )

 

どうせ死んじゃうのにね。だから短期的に無計画に生きていいというわけでもないけど。

やりたいことやって上手くいっても、いかなくても、どうせいつかは死ぬんだし、的な。

本心ではそう思ってそう、わたし。

やってみりゃいいのに。

 

配偶者とかいると、また違うんだろうけど。今いないし。

 

やってみたいことを選んで、ほかは選ばないっていうのを、やってみてもいいと思う。全ての選択肢を検討するなんて、RPGじゃないんだし、できるわけない。村人Aは、わたしが村人Bと話してる間にどっかに歩いてっちゃう。Aと一緒にいたいと思ったらZまで全員と話してる暇ないし。

もしかしてYと一緒にいたらもっと楽しいのかもしれないけど、なんかもうそれは自分次第というか。

拾った時点でリセットされる。て私は思ってる。思ってみる。思ってみようとしてる。(捨てる拾うに繋がったよ?うん?)

 

 

つまるところ、

言い訳にエネルギーを注ぎすぎるな

現状をハッピーにしていくことに全力を注げ

選択肢による差異は、自身の認識や行動に凌駕される

やり直せる

やれ

 

はい。

んにゃああああああああああ

 

感情移入しすぎなんです??

全部 生身の自分で受け止めたり主体的になろうとするから、こんなにストレスフルで傷つくんです???

 

メタ認知極め奴〜〜

 

自分を外から見ることと 自分の感情を見なかったことにするのを両方やったとして、そのやり方がちょっとアレになると、誰の人生だコレ??ってなっちゃうのかもしれない。

 

はぁー

もう無理ー

にゃーん

 

むかつくー え むかついてるの?これ?

 

ご縁ご縁ご縁〜

ぴゃー

 

文字通りのミスマッチなんだよなぁ

 

あと、自分でも分かってしまったし、分かっていたことを認めてしまうことにしよう!

書けよ〜!

 

文章書くの好きです、そこで役に立てます、ていうんなら、書けよ〜!

図で説明するの得意です、ていうんなら、書けよ〜!

 

好きなだけで得意じゃないかもしれないな...??

そしたら、うーん、得意になるまでがんばる...。

 

にゃんだかなー

 

冷静に考えて、好きなことと やったら感謝されるのが交わるところって、

文章校正とか編集なのでは?

 

せやな、、。

え。

そこ伸ばそうよ〜。

 

学生のとき そういうバイトとかしてたらよかったのになぁ。

なんでやらんかったんだろ。

 

優先順位が低かったんだろうな。

当時の自分にとっては。

 

ぬーん。

 

仕事かぁ。

分業して得意なことで助け合って、上手くいったら報酬を山分けしましょう、って、

それだけのはずなのになぁ。

 

なんでこんな 上手くいかんとです???

 

  1. 私のスキルが足りない
  2. 分業の枠として、私がハマりたい枠に出会っていない →全体として数が少ないから, 探し方が下手, 出会えても逃してる...
  3. この枠の存在は妄想
  4. このスキルの存在は妄想

 

...。

 

1.と 4. はがんばれ。つくろう。

3. は、もうここまできたら売り込むしかないのでは?え?無理? 1.と4.を100回読め、いや読んでる暇あったら実行しろ

2. が、本題。 

 

分業の枠として、私がハマりたい枠に出会っていない

なにこれ。

根本的な就活の目的達成失敗じゃないか。単純かよ。

 

これをどうにかしたいんだよ。

自分が枠に合わせるのは無理だった!

あはは!無理!しんじゃう!

がんばれよ、て思うじゃん?

周りが 頑張ってるの、すごいと思うの。

 

私が日本の現代社会でそれをやろうとすると、めっちゃ難易度高いっぽい。

はい。

開き直りかよ、て思うけど、私の"枠に合わせる能力" が先天的にも後天的にもザンネンなのは事実で、その事実を抱えたまま稼がないといけない。

稼がないと食べたいかれないからね、暮らしていかれないからね。

ザンネン。

 

ザンネンなことを認めて、どう足掻くのか。

生きて行くために戦略的に足掻きたい。

 

夢が印象的だった

 

会社の人と共同生活してるみたいな。合宿に行ってるイメージ。

 

リハビリ1

夜、19時くらいに、スーツのまま建物の入口に行ってみた。

 

  •   じわじわくる「やだー」

うひゃー。

 

会社最寄り駅から建物まで歩いてると泣けてきた、条件反射なのかな?

年末に思った「ああもう無理無理無理無理 しぬ 消えたい なんでこんなことやってるの 惨めだ また1日生きながらえたし1日過ごしてしまった あほかよ なんなん 早く寝なきゃ もうやだ」みたいなのは なかったけど...

 

じわーっと表情が歪むのがわかってだんだん嗚咽混じりになり...

 

こう、静かに淡々と脳内で語りかけてくる感じ...

「こんなところでなにやってるんだろう」「人生の中でこの時間意味ある?」「まだこんなこと続けるの?」「監禁されている」

とかの言葉が頭のなかで流れてって、惨めな感覚がじわーっと広がってくみたいだった。

 

けどまあ、「うわあ病むわこれ...」って思えるくらいの客観性はあったようで...。

進歩かと思うけど...。

それも いま 翌日に、「会社いかなくていい」「あの空間で過ごさなくていい」っていう保証がある状態で、思い出してこの程度。

実際 会社の近くを歩いてるときは「そうはいっても 人生の中で意味のない時間とかないじゃん?」「てかむしろ 意味のある時間とかないじゃん?」みたいなことを、思う余裕がなかった。

会社から離れてれば、そういう風に思えるようになってきてたのに、会社のこと仕事のことがリアルになってくると、そう思う余裕がなくなるってことなんじゃないか...?

 

  • いい思い出(ただし仕事ではない)も?

歩いていると、「ここで空がきれいだったから写真撮ってあの人に送ったなー」とか「入社前に社屋の下見に来たっけなあ」とか思い出した。

よく考えれば出勤時間のうち 現実逃避して かろうじて生きる希望を持てている楽しい時間もあったねえ。

 

  • 働きたい

喉の筋肉使いまくって 瞬きしまくって会社の入口を眺めたあと、最寄り駅まで歩いた。「ふつーの退社後」を思い出して、働きたい!て思った。

たぶん2時間残業して帰宅するくらいの時刻だったんだけど、「今日も1日がんばったなぁ」みたいな感覚も思い出した。

まじかー 働きたいのかー よかったじゃん!!

一生ニートしてたいっていう気持ちが強くなってたらどうしようかと思ったよ!!!

 

でも やっぱり あの仕事内容で「がんばった」とか思うの癪なのかなー 生意気な話だけどさー だって派遣社員と同じことにめっちゃ時間もウェイトもかけてる...。

でもそっか、金額が金額だけに、「ちゃんと雇っている正社員」が仕事している事実が大事なのか? え、そういうマッチング多分あるよ、作業内容がそこまで難易度高くないけど責任取る割合が大きい働き方。いや責任のない仕事なんてないんだろうけど、メイン業務が「責任取ること」て私よりもっと向いてる人いるのでは?って思っちゃう...。

あまい?

 

20代を消費することについては、やっぱり、多少わがままにもなるさ!

まじで本気で「やりたい人がやればいいじゃん」「できる人がやればいいじゃん」って思う。だって彼らは、あの仕事でやりがい感じられているのかもしれないし、お金がもらえてありがたい、て思ってるのかもしれないし。そうだよなー。

たぶん こんなに死にたい気持ちで仕事しているのはわたしだけなんだろうなー。特別っていうことでは全然なくて、私が勝手に死にたくなってるだけっていう。え。

意味なさすぎでは?

 

はあぁ...

 

あああ!

 

  • 要するに あまくてもなんでもいいから環境変えたい 死なないほうがだいじ

これ転職でなにか変わる可能性があるんだったら、やってみよ って思う。

変わらないにしても、納得行くというか、逆にやれるところまでやってみようって思うだけだし。

 

あと超ポジティブに捉えれば すでに私があそこで成長できる要素は吸収しきったっていう見方も...。あくまで、「私が」なわけで。私の人生なので致し方ないね。あはは。

どこかで なにかしら役に立って還元するので許して。

起きて一番に

アウトプット!ていうのは やっぱり脳みそによいきがする。

出て来る内容もよい気がする。いい意味で寝ぼけているので素直になっているという

そう考えると「早起き生活」で日記を書くという習慣、とってもよいのでは、て思う。

www.hayaoki-seikatsu.com

 

起床時刻記ボタンぽちっとな、の脳みそoff行動から、日本語捻出のon行動へと流れるように誘導してくれるありがたさよ。

 

手書きでこれを続けられるくらい、寝起きがよくて、マメで、冬の朝でも手がかじかんで動かないことがないような体質だったら、こんなに苦労してない...たぶん...。

 

といいながら、メール返信とか気になった記事を読んだりとか、30分くらいpcいじってるね...。順当に考えて朝の支度を30分巻く必要があるね。わあ。

 

こんなに興味や注意力がとっ散らかる体質でなかったら、こんなに苦労してない...。

でも この体質でなかったら、脳みそキュルキュルいう感覚の楽しさも味合えてない...たぶん...。

 

こうやってキュルキュルいう感覚がくせになって単調作業だけしていると壊れる体質になっていった説?

わあ。意外と濃厚。これ。

本番が好きなのと併せて、また考えよ。

支度...あばば...。

 

 

受験生の頃は、朝活してたじゃん!って思ったけれど。

よく考えたら、前日にインプットしたことを定着させる、テストするっていうのばかりだった。記憶の定着の手段としてアウトプットっていう行為を使う、みたいな。

 

今日 こうやってるみたいに「なんでもいいから起きてすぐの頭で思ったこと書こう」というのはやったことがなかった。ぜったい、いい!

一昨日くらいからぼちぼち考えている「やりたい仕事」っていうテーマ作文のネタだしも、少し進んだし。

 

もっとゴリゴリ考える時間を、起き抜けにとっておくのがいいのかも。