読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄緑日記

世間知らずな就活生の 頭の中 と その後

考え事という趣味

考えるために考えてるのは、娯楽としての考え事なんだろうな。

考えたことを 誰かに伝えるだけで感謝される・利益につながることもあるけれど、それが役割の一つとして機能する場面って実は特殊なんじゃないだろうか。
みんな知ってることだろうし、私も頭では理解してたと思うんだけど、いかんせん周囲に恵まれすぎていた。

恵まれていたというのもずいぶん都合のいい言い方なのだろう。
こう思う、こうしたらいいと思う、こういう考え方もある。
差し出すだけで感謝してもらえたから、それに甘えてたのかもしれない。
冷静に考えたら、オトナの対応をしていてくれた人でも、「じゃぁ とっとと やれよ」と思っていた人は多いんじゃないか。

うわー、それやばい。今更気付くという事実もやばい。改善しよう。

趣味を否定するつもりはないし、趣味としての考えことから多くのことを得られれば素晴らしいことだ。
でも、アクションを起こすために何かを考えているときは、考えたらちゃんと行動に移そう。
で、この行動の中に 伝える も入っている感じ...と、考えてみることにする。
伝える・発信する・意見を求める だけが行動じゃない。自分が動くべきときもある。