黄緑日記

世間知らずな就活生の 頭の中 と その後

150623夕方

すごい。
ここ最近 ぜんぜん黄緑日記のことを思い出さなかった。
手書きのノートも書いてない。
後で振り返ったら、この数週間ナゾなんだろうなぁ。なにしてたのかわからない。

記憶がはっきりしているうちに書いておくと、就活をしつつ、就活 中弛みなう!っていうのを自覚しつつ、プライベートを充実させてた。
のん気な大学生にオオヤケもワタクシもあるもんか、とも思うけど、肩書なしの自分のことを大事にする時間を多く取ってた。結果的に何かの役職として活動に精を出していたのも、また事実。

本当に幸運だと思う。
自然体でいて、仕事が回ってくること、多少なりとも役に立てること。
自然体でいなきゃ、自分を開示しなきゃ、と頑張っているわけでもなく、キャラとか振る舞いのマイナス面のカバーに足をすくわれることなく、活動できる。
こういう場に飛び込んだのか、こういう風に扱ってくれる場に私がしてしまったのか、よくわからないけれど(後者はだいぶ傲慢だな)、本当に居心地がいい。
あなたの居場所はここだよ!って主張してこないあたりが、また、いい。
この組織には、本気で恩返ししたい。