黄緑日記

世間知らずな就活生の 頭の中 と その後

ヘラヘラはしなかったけど

本心で笑ってしまって、でも別に相手にとってはそこに愉快ポイントはなかったみたいで、結果的にへらへらしてる人ではあったみたい。

でもこれは少し進歩かなって思って、それは「ヘラヘラしてる」の判断主が自分から他者になっているからで、この点はすこし評価してやりたい。

不愉快になったであろうあの人には大変申し訳ない都合のいい評価だけど。

 

自分がヘラヘラしちゃうのが人生の課題 っていうやつと

他人がみてヘラヘラしてたら不快だろう っていうのは

たまたま単語が一致してるだけ、同音異句といっても過言ではないってくらいに違うハナシ(だと思っている)んだけれど、

それとは関係なしに他者の気持ち( "他者からこう思われる自分"にスポットがあたるのではなく)に素直に意識を向けられたのはよいことかなって。

無意識に”他者からこう思われる自分”の意識があるんだとおもうけどさ。

でも自分が自分がってなるより、ちょっといいことかなって。

名無き仙人の文章を思い出しつつ。解釈ちがったり足りなかったりするかもだけど。

tensei.nanaki.biz

 

明日も、ヘラヘラしないところまでできたら十分としよう...。

時間は限られているけれど道のりは永遠つづく...。