読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄緑日記

世間知らずな就活生の 頭の中 と その後

161217

Aさんとデート(?)

 

-----

追加: 大切なこと

Aさんと一緒にいて 話をして ていう時間は楽しかった幸せに感じた

素直に彼の幸せを願っているし 彼の価値観を尊重したいと思った

-----

 

彼は どうやら いつの間にか

こちらの世界に戻ってきたみたいで

というか自分の中に自分が戻ってきたみたいで

 

うん

 

たぶん私が好きになったのはこの人だったかもしれない 

 

やっぱり躁モード? 無駄に明るいモード?だったのかもしれない、先月あたりとか もう少し前とか  この人こんな空気読めない感じの人だったっけ て思ったとき

やけに声大きいなとか思ったとき

 

 

 

うーん

むずかしや

 

 

でも今でも多分違和感?全快ではない感覚?残ってると感じてるんだろうなあというように見えた

時間の長さの体感が違和感あるみたいなこと言ってたしなぁ

 

 

今日は会ってすぐは 私の方が腫れ物を扱うというか カウンセリングモードまでいかないけど 気をつかう的な感じでいたけど

今日の4時間くらいでも どんどん 居心地の良さが戻ってきたというか

気づいたら めっちゃ気抜いていることに気がついて

なんか懐かしいなというか

 

一緒にいて疲れなくて むしろ元気になるのすごいなっていう感覚を思い出して

 

でもそれって私が好き好きモードの気持ちだったから 余計そうだったのかなとも思うし

 

結局 付き合ってるのか付き合ってないのかよく分かんないし

でも その認識をして予防線張っていても(?) 気を抜いていられたのは多分ほんとで

 

相変わらずいちゃいちゃはしなかった

手も繋がなかったし

エスカレーターも一段あきだったし笑

 

いやでも この笑って大切な気がしてて

向こうがどういうつもりなのか聞いたわけじゃないのだし

 

なんだかなあ

ここを確認しないのは、うーん、単純に、なんでだ? て考えると

 

違うよ ていって振られるのがこわい

 

向こうが 付き合ってると思ってた という場合に 今までの自分の気持ちはなんだったんだ と思わせてしまうのが申し訳ない

 

向こうが 付き合ってないと思ってた場合に 向こうが私に対して気をつかうかもしれない

つまり上のことを向こうがそのまま 私に対して思うかもしれない

 

一番上は わたしが ちょっとしょんぼりするだけだし 楽しい思い出できてよかったな 初めてあんなに好きになれた人が彼でよかったな て思えると思う  からよい...

 

 

二番目と三番目は、うーん、どちらにせよ彼に負担をかけそう

お互い様じゃんとも思うけど

病んでるの知ってるし 今回病んだのに私がよくもわるくも影響あったのかはわからないけど

あったにしろ なかったにしろ 不安定な状態の彼に インパクトを与えてしまうと思うんだよな...

 

うーん、どうしようかな

とりあえず、彼にぶつけるのは少し待とう

私が一人で苦しくなってしまうのもなんか不健全だし自分的に辛いから 誰かに聞いてもらおう...

 

 

なんか これで 向こうが安定して確認できるようになるまで私がほかの人と付き合わないっていうのは できなくはないけど 自分の幸せとしてどうなんだろ

 

向こうが付き合ってると思っているかもしれない ていう可能性を知りつつ 確認しない、ほかの人と付き合う ていうのはどうなんだろう  道徳的に?自分の幸せとして?どうなんだろう

 

可能性を知りつつ確認しないことに関しては、彼の事情に配慮するっていう私なりの理由がある 礼儀というかなんというか

 

ほかの人と付き合うっていうのは うーん...

Cさんが現れればいいね という見解は聞いたけど...

 

でも実際、保留にしておく理由として、わたしが 今 調子びみょうだから っていうのもある

自分の身を守るために 保留にしておく、保留は決定的な正解でも決定的な不正解でもないけど、その保留を選択するっていうのもありだと思う

 

はい

 

あえて方針をたてるとすれば

自然消滅?

少なくとも今は、彼にインパクトを与えるだけ与えて フォローする余裕がない状態だわ、わたし。気持ちも時間も余裕がない

だったら せめて 今はインパクトを与えないでおくっていうのもいいと思う

 

でも 確認するまでの期間が伸びてしまうのも 結果的に彼に与えるインパクトを大きくしてしまう?

わたしにとっても結果的にダメージが蓄積されてしまう?

ううう

 

わたしが納得して責任持って決めるのが一番大事

自分で自分の責任取れないと 自分のこと認められなくなっちゃう

自分で考えずに納得せずに行動を決める(行動しないという選択肢を含む)のは 自分を否定することにも繋がっちゃう

 

自分のワガママを全部ノーチェックで通せということではなく

 

恨むなら病気を恨もう

人間 そういう病気になりうるようにできてるんだから もうそこは しょうがないじゃん 病気を恨んで一旦冷静になれるなら全然いいや

向こうも悪くないしわたしも悪くない

いやそれ心理じゃん

 

あああ

ほんとそれ

私は自分のことを傷つけてやろうと思ってるわけではなく

彼のことを傷つけてやろうと思ってるわけでもなく

 

それを実現するための手段を模索しているなう

ほんとそれ

 

模索するのはいいこと

模索に時間がかかってしまってもそこに悪意はない 

悪意なくて時間がかかってしまって時間がたってしまっても それは わたしが自分のこととか相手のことを傷つけようとしている証拠にはならない根拠にはならない

 

それがわたしの考え方だもん

 

模索に真剣になることで自分を許せるなら真剣になればいいと思う

 

すぐに答えをだすのが辛いから 保留にする ていうのが自分に対して正直になった結果なら そうなんだよ

正直になれてるかどうかの確認をできれば そうなんだよ

 

ひとまずは 感情的にアクション起こさないていうのが 自分に正直になった結果の行動だと思う

 

いまインパクトを与えるのと インパクトが蓄積していくのを天秤にかけることになるけど

かけてみて

リスクが小さい方をとります

それは いまはインパクトを与えない方

 

いま が曖昧だけど、とりあえずは、年内は絶対。

で ひとに相談して 状況分析手伝ってもらったり 別の意見を聞いたりして

年明け以降どうするか決めたらいい

 

いま私がいちばん嫌だって思うのは 自分の感情的な行動によって彼が傷つくこと、彼の大事な時期に 動揺させてしまうこと

なんじゃん?

じゃあそこを避ける選択肢の中で リスクが小さいもの 少しでも嫌度数が低いもの 未来のリカバー効く可能性が高いものを選びます

 

その視点を加えても いまはインパクトを与えない でいいんじゃないでしょうか

 

あとから 自分で自分を責めたくなっちゃった時に いや あれは 私が決めたんじゃないし て逃げたら つらくなるよ?

なるってことがわかった気がするし、今回

 

私が悪い?てどうしても思ってしまうのは すこしでも状況を改善したいから

でも 自分のことを大切にする範囲でしか改善はできません

それはある意味無責任だ

 

おちつこ

 

文字にも残したし 一旦忘れても大丈夫

考えるのやめても大丈夫

 

いまひとつ決まったのは

年内は 彼のことについては ノーリアクションを基本スタンスとする

ということ

 

わたしがわたしに責任取れる範囲で行動を決めよう

別にこの考え方だって変えたかったら変えればいいし

でも いまは 本気でそう思うから

 

わたしにとっての わたしの代わりはいない

 

誰かにとっての わたしの代わりはいるかもしれないけど

わたしにとって わたしは わたししかいないし わたしじゃなくなったら 気がついてしまうから

わたしに対してわたしが責任取らないと わたしのこと許さないから わたしが生きてゆけない

 

わたしが生きてゆくのを わたしが否定するのはナンセンスだ

恩返ししたいし

過去のわたしを認めてあげてゆるしてあげられるわたしがいなくなるのは なんか なんというか 悲劇でしかない

 

 

生きるもん

わたしが生きてくには わたしがわたしのことを大切にしないと辛くなるっぽいから わたしのこと大切にするもん

それで まわりの人のことも大切にするんだもん

 

ふん

 

なめんな

 

どうせハードモード感あるし

ふへ

 

じぶんが幸せだなって思う瞬間を増やしたいなら増やせばいいじゃん

わたしはわたしのものだし

死ぬのも面倒って思ったとしても どうせそうなら 幸せを求めればいいじゃん

 

いま 死ぬ ていう文字に言葉に恐怖を覚えた気がする

それでいいのだ

 

まあちょっと、感度をコントロールする必要はあるかもしれんけど

 

死を恐れないことと

自ら死ににいくことは

ちがうのだ

 

とわたしが申しております

素直に認めろ